派遣会社の報酬の取り分

なるほど!これでわかる!派遣会社の○○とは?

派遣会社の報酬の取り分

一般的には派遣会社が報酬を取る場合、30%くらいをもらうことが多いようです。中には半分くらいのマージンが発生していたり、それ以上ということもあるようですが利益率がそれ程高くなければ30%前後が普通となっています。派遣会社は仕事を提供する代わりに給料の一部を頂く義務があり、それを目的として商売を行っています。これは当然のため直接働く場合より給与が下がる可能性はありますが、その代わり派遣会社が仕事を取ってきたり時給の良い仕事を獲得してきたりもします。個人個人だけでの営業力では限度があるため、これは正当な経費として引かれることになります。
また、派遣会社といっても技術系と事務系では手数料が多少異なります。元々時給単価が低くなりやすい事務系は当然手数料の金額も低く、技術系のほうが高くなっています。登録する派遣会社によって仕事が得られる業種ごとに取り分は異なるのです。そのほか働く人の技量によっても時給は異なっており、雇う前に派遣元と派遣会社が価格交渉し取り分や時給などを調整しています。なかには50%程度手数料として徴収される場合もありますが、その費用は保険や福利厚生費なども含まれておりすべてが派遣会社の利益というわけではありません。


ホーム RSS購読 サイトマップ