派遣から社員になる際の違約金

なるほど!これでわかる!派遣会社の○○とは?

派遣から社員になる際の違約金

派遣で働いている人は派遣会社に一部の手数料が引かれる代わりに仕事をもらっています。ではその派遣会社を辞めて正式に正社員として採用してもらった場合ではどうなるのでしょうか?派遣会社と繋がりが深い企業で正社員となれば当然その事実は分かってしまいますし、隠し通すことはできないでしょう。違約金を支払ったほうがよいのか、それとも黙って正社員になっても良いのかは多くの方が悩んでいるようです。
労働基準法によると派遣会社の契約が終了した後に、派遣先が正式雇用することを禁止することはしてはならないと定められています。つまり契約が終了すれば自由に正社員になっても構わなく、それをとがめることは法律上許されていないのです。ただし何も告げずに正社員になるのはお互いにとって気分も悪いでしょうから、派遣会社の担当者に正社員になりたいとだけ伝えておけば良いでしょう。その際に紹介料が必要だとか、問題ないなどの話をしてくれるはずです。
また、紹介料がかかる場合では採用する企業が負担することになります。もし費用がかかっても一から求人を出して人材を育てる経費を考えたら安いと考える所もありますし、紹介料がかかるなら採用は見送るという場合も出てきます。正社員になる側にも直接かかわることですから事前に派遣会社に聞いてみると良いでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ